2017年6月28日水曜日

百合の花 「百年待っていてください」

年待っていてください。きっと逢いに来ますから』

夏目漱石「夢十夜 第一夜」にでてくるセリフです。

息を引き取った女性は、その後、百合の花になって、彼の前に現れます。
先日の「朗読の日」銀座博品館劇場で私が朗読したのがこの「夢十夜 第一夜」でした。

いただいた花束の中には百合の花が・・・
すてきなお心遣い

嬉しかったです。